2016年8月11日木曜日

「インバウンド」ウェディング事業の2つの壁 『言語の壁』と『販路の壁』

「インバウンド」ウェディング事業を立ち上げて成功に導く上では、2つの壁すなわち『言語の壁』と『販路の壁』があるようです。これはおそらく高額商材の「インバウンド」サービス業全般に通じる一般論かもしれません。

----------------------------------------------

■ 言語の壁
お問合せ対応の接客から、商材パンフレットやお申込書などのドキュメント類、さらにウェディング施行(あるいは撮影)当日の通訳まで、すべては外国語対応が必要となります。この分かりやすい課題が『言語の壁』です。

----------------------------------------------

■ 販路の壁
ラーメン屋さんとは異なり、ウェディングの場合は事業者も消費者も「事前予約」を望むわけですが、つまりは来日前の海外にいるお客様と接触することが必要ですが、どうすれば良いのやら? 日本国内のお客様とは異なり、サロンに来店してもらって対面接客できるわけでもなく、会場施設を見学することもありません。そしてできることなら来日前の早い段階で予約金を受領しておきたい。これらが『販路の壁』です。

----------------------------------------------

私のこれまで経験で申しますと、インバウンド市場参入を検討なさる日本のウェディング事業者は『言語の壁』を過剰に意識する一方で、どうも『販路の壁』を軽視する傾向にあります。

しかし実際には話は逆です。『販路の壁』を乗り越えられるかどうかがインバウンド成功の本質を握ります。翻訳や通訳は発生ベースで外注も可能ですし、『言語の壁』を乗り越えるのは大した話ではありません。





中国語圏向けで『販路の壁』を乗り越えるには4つの方法が考えられます。


①外国語メディア利用:

値引きクーポンを配るなどして来店促進は可能。しかしラーメン屋さんならともかく、ウェディングのような高額商材&予約受注には適していません。下記④自社Webサイトへの集客ルートとしては有効な場合もあります。


②海外現地の代理店(協力企業)開拓:

私は中国・台湾・香港のウェディング代理店(プランニング会社)を訪問して、合計30社ほどに話を聞いたことがあります。彼らが取り扱いを望む日本商材は、現地で誰もが知るような有名ブランドだけです。

ではこれから海外進出する無名ブランド(事業者)の場合はどうかと言えば、それは取引条件次第です。つまり提携開拓自体が難しいわけではないが、代理店頼みのインバウンド事業で収益性を確保するのは至難の業と言えます。しかもそれは短期間ではなくずっと続きます。


③海外現地に直販店舗展開:

広大な中国では初期投資と固定費のリスクが大きい一方で成功例が少なく、英語が通じる香港では日本企業同士の競争が激しくなる傾向です。比較すれば台湾が穴場で狙い目とは思いますが、それでも「市場参入&事業立ち上げ」のフェーズとしては過大な投資負担となります。


④自社Webサイトでネット直販:

これも容易ではありませんが、上記3つよりは有望と言えます。ウェディングに限らずどんな領域であれ、小規模・ニッチ・後発はネットが適しているというこで。またネット直販の方法論さえ確立できれば、国境に関係なく全世界に販路を持ち多言語展開していく、、、といった夢が膨らみます。






中国語圏インバウンド市場は既に大きく伸び始めていますが、それでもまだ今後の伸び代は大きく、ウェディングでは今後数年で5倍10倍といった可能性を秘めているでしょう。一方で、まだ日本の事業者は取り組みが不十分であり、日本のライバルであるグアム・バリ・韓国といった国々に負けない魅力的な商品プランとアプローチ方法を生み出す努力は不可欠と考えられます。

というわけで、弊社ではウェディングの中国語圏インバウンドについて2つの側面からお手伝いしています。

『言語の壁』に対しては、翻訳&通訳に加えて中国語対応コールセンター(問い合わせ対応~予約受注まで)をご提供。

『販路の壁』に対しては、ネット直販に適する商品プランの企画コンサルからWebサイト制作やネットプロモーションなどをご提供。


中国語人材ゼロでも中国語圏市場への参入が可能となる「ウェディング事業者様向けワンストップパッケージ」も含めて、事業者様のニーズに合わせてご提案さしあげています。とうぞお気軽にお問合せください!

0 件のコメント:

コメントを投稿