2015年4月6日月曜日

中国語繁体字サイト(台湾向け&香港向け) ~ ネットプロモーション事例 ~

今回はウェディングネタではなく、弊社が運営している中国語繁体字サイト(台湾向け&香港向け)の事例をご紹介します。

このサイトでは、台湾と香港から日本への旅行者を主要ターゲットとして、日本国内で利用できるWi-Fi端末をレンタルしています。

楽遊Wi-Fi




この事業は昨年2014年7月にスタートしまして、このブログではスタート直後に一度ご紹介しました。
中華圏向けリスティング運用体験談 ・・・ 香港向けと台湾向けの比較

さて今回お届けしますのは、今年2015年3月=オープン9か月目の実績ご報告です。
まず数値データで見ていただきますと。


■■■ 2015年3月 月間集計

■アクセス分析
セッション 7633
ユーザ 6296
ページビュー 9461
CV数(受注件数) 101件 

■ facebook(広告管理ページ)
4576 CLK
42 CV
COST 86076円
CPA 2049円

■ ヤフー台湾(Bing管理ページ)
1339 CLK
15 CV
COST 39519円
CPA 2634円

■オーガニック
推定セッション 2000くらい
推定CV 44


プロモーションはFacebook中心で、ヤフー台湾を少々。Googleは全く利用していません。いろいろ試して試行錯誤した結果、現在のスタイルがベストということになりました。

上記の通り、CV数(受注件数)101件中で半分近くの44件はオーガニック経由です。
Facebookタイムラインに掲載しているバナー広告に「いいね」やおすすめコメントが自然発生してます。ファン数2000人になり、多少は認知度が上がってきたでしょうか。



台湾と香港向けで、いくつかの媒体を行ったり来たりしていると面白いなあ、というネタによく出会います。いろいろあるんですが、ひとつだけご紹介します。

クリックすると大きくなります

Facebookファン数がちょうど2000人になりました。
左下の「国」を見ると960人の台湾人は、右下の「言語」では繁体中国語(台湾)962人にちょうど合致します。

そうなんです、台湾は中国語繁体字100%です。たまに勘違い?、香港と台湾の混同かもしれないですが、台湾って英語が通じる気がするよ?という感覚の人がおられますが、実態は異なります。社会一般の英語通用度はおそらく日本と同じくらい、、、つまりぜんぜん通じないと思います。

さて、左下の「国」で1001人の香港人ですが、右下の「言語」では以下に分かれているようです。
・繁体中国語(香港)540人 54%
・英語(米国)330人 33%
・英語(イギリス)115人 11.5%
・その他 16人 1.6%

■ 香港人の半分以上(54%)が中国語でfacebookを使っている。
■ 意外と英語より米語が優勢。ちょうど2倍。

この統計対象の母集団は楽遊Wi-Fiのファンなので一般論としては言えませんが、日本旅行に興味がある香港人をターゲットにする場合は上記の比率は参考になるでしょう。ちなみに、香港全体の一般論だと上記よりもさらに中国語が優勢になると推定されます。

香港向けに情報発信やプロモーションを考える場合、絶対ではないにせよ、英語ではなく中国語が最有力候補になるということですね。


さて話は変わりますが、台湾と香港から訪日旅行者が最も多い月はいつでしょうか?
↓↓↓
正解は7月です。

これから数か月、さらにFacebookを介してユーザ同士の情報交換が熱くなるでしょう。盛り上がるのが楽しみです。そして広告費を抑制できて利益を増やせるはず?、、、どうでしょうか、こちらも楽しみです。









0 件のコメント:

コメントを投稿