2015年11月20日金曜日

【調査報告】日本のウェディング事業者の中国語Webサイト


日本のウェディング業界で中国語Webサイトがどれくらい普及しているのだろう?、と素朴に疑問に思って、以下の調査を実施してみました。

■調査内容■
------------------------------
【時期】2015年11月初旬

【対象】
①東京23区内のウェディング撮影事業者 88件
②東京23区内のウェディング施設 324件 
 ⇒施設の種別としてはホテル、専用式場、レストランなどを含む。

【方法】
施設・事業者の中国語名(固有名詞)が不明なため、各社の日本語Webサイト内から中国語ページへ遷移するリンク有無を確認。このため日本語Webサイトからリンクしない独立サイトを持っている場合は今回の調査ではカウント外になっている。

【定義】宿泊等の情報ページは対象外として、「ウェディング」の施設やサービスを掲載するページを有するサイトのみをカウント。
------------------------------


■調査結果■
中国語Webサイトでウェディング情報を紹介している施設・事業者の件数は下記の通りで、極めて少ないことが分かりました。
------------------------------
①東京23区内のウェディング撮影事業者 1件(88件中)
②東京23区内のウェディング施設 8件(324件中) 
------------------------------





■考察1■ 独立サイトもある?

今回の調査方法ではカウントできなかった、日本語Webサイトからリンクしない独立の中国語Webサイトもあるだろうと推測されます。しかしこれは2つの点でもったいないです。

1点目は言わずもがなSEOの観点。中国語WebサイトのSEOパワー向上のために、強力な日本語サイトからリンクするのは大変効果的です。

2点目は、中国語圏の消費者は意外なほど日本語サイトを見るという観点です。慣れない日本語でヤフージャパンなどを検索して、苦労して日本のウェディング情報を探します。たどり着いた日本語サイトを見て、中国語ページへのリンクがあればきっと喜んでその事業者の情報を見てくれることでしょう。


■考察2■ 現地代理店経由が多い?

独立の中国語Webもあるにしても、それにしても今回の調査結果は少ないと感じます。おそらく中国語圏市場にアプローチする施設&事業者は、ネット経由直販ではなく、現地エージェントや旅行会社を開拓していると想像します。

中国・台湾・香港の現地エージェントや旅行会社をこれまでに30社ほど訪問して話した経験がありますが、そこで名前があがる日本のウェディング事業者は超有名企業だけです。WさんとWBさんとAさんの3社くらいです。日本のホテルやレストランやフォトスタジオの提携先を探している、といった話は聞いたことがありません。

日本の事業者にとっては現地代理店の開拓はさほど難しくないと思います。好条件さえ提示すればエージェント契約には応じてくれるでしょう。しかし肝心なのは「取引条件」と「実売につながるかどうか」です。そこを考えると、現地エージェント経由の中国語圏市場において、売上金額に加えて利益の面でも満足な結果を出せている日本の事業者は少ないのが実情ではないか、と想像しています。

上場企業レベルの資金力やブランド力がない限り、現地エージェント経由のビジネスは難しく、それをメインに据えるのはリスキーだと思うのですが。


■考察3■ 先行者になるチャンス?

ということで、ビジネスチャンスです。(笑) 中国語圏市場向けの日本ウェディングのネット経由直販はほとんど未開拓です。一方で中国語圏の消費者はネットで情報を探しています。GoogleやBaiduのデータからも明らかです。

現地エージェント(リアル店舗)経由は先行企業と大企業が有利ですが、一方のネット直販は後発でも中小事業者でも比較的戦いやすい。これはどの産業でも共通の構図ですが、上記の状況を踏まえると、このニッチな分野ではむしろ先行者になるチャンスが目の前にあるとも言えます。


--------------------------
今回の記事は以上ですが、すみません、最後に宣伝です。
弊社では「中国語圏市場向けの日本ウェディングのネット経由直販」にチャレンジする施設や事業者をサポートする様々なサービスを提供しています。中国語のネット集客やサイト制作だけでなく、中国語による販売接客や施行時の通訳派遣なども対応可能です。どうぞお気軽にご相談ください!
sales@pointed-media.com

2015年6月18日木曜日

ランキング情報! 台湾・香港で人気の海外ウェディング商品

弊社が運営する海婚鋭媒繁体字版は、中国語繁体字の海外ウェディング情報サイトで227商品を掲載しています。(本日現在)

このサイトのアクセス元エリアは、中国語繁体字ですので台湾と香港がほぼ同数でシェア30%ずつを占めます。シェア3位はアメリカで15%、以下は日本、中国、イギリスとつづきます。

今回は、227商品のうちページビュー数上位20位の商品をご紹介します。

台湾や香港でどんな海外ウェディング商品が人気があるのか、参考にしていただけますと幸いです。

■ 第1位 ■
第1位は2位に大差をつけて北海道のラベンダー写真でした。日本のデコルテさんの掲載商品です。写真自体の美しさと季節性に加えて、ビーチ写真の青&白が多い中でラベンダー色が目を引きます。

https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan076/




■ 第2位 ■
以下は僅差の接戦ですが、2位は沖縄のチャペル写真でした。香港の旅行会社Amazing Weddingさんの掲載商品です。この写真は総合トップページに掲載がないにも関わらず多くの閲覧を集めています。

https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan033/



■ 第3位 ■
第3位は沖縄のビーチ写真でした。第1位に続いて日本のデコルテさんの掲載商品です。

https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan075/




■ 第4位 ■
以下は順位とURLとキャプチャーだけ掲載していきます。

https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan064/



■ 第5位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplaceindonesia001/



■ 第6位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan077/



■ 第7位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacesaipanguam021/



■ 第8位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan071/



■ 第9位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacesaipanguam022/



■ 第10位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan079/



■ 第11位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplaceindonesia012/



■ 第12位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplaceeurope053/



■ 第13位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacemaldives006/



■ 第14位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplaceindonesia036/



■ 第15位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacethai029/



■ 第16位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan069/



■ 第17位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan082/



■ 第18位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacebali037/



■ 第19位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacesaipanguam018/



■ 第20位 ■
https://wedding.pointed-media.world/wplace/wplacejapan081/




いかがでしたでしょうか?
上位20位以内ですので、全227商品中で上位1割に入る人気商品ということになります。

目立ったのが日本商品の健闘です。20のうち半分の10は日本商品でした。

サイト全体をエリア別でみて、実は掲載商品数が最も多いのが日本です。だから今回のランキングで上位を占めた可能性もあります。

しかし日本商品が多いと言っても全商品の半分も占めてはいません。(約4分の1)

また日本に興味があるユーザが多数の商品に分散して、商品別のページビューでは不利になっている可能性もあります。

以上を踏まえると、台湾と香港で一番人気の海外ウェディング訪問先は日本と言えそうです。

これまで現地ウェディング事業者さんの商品構成を見ていて、一番人気はグアムという印象をもっていましたが、今回のランキングデータで考えを変えることになりそうです。

ご参考いただけましたら幸いです。

2015年5月5日火曜日

中華圏の海外ウェディング事業者のホームページ ~中国・台湾・香港を比較する~

中華圏向けホームページを立ち上げて集客しようとか検討される日本のウェディング事業者さんが増えていると思われます。一般観光だけでなく、ウェディング領域でも中華圏インバウンドの伸びが著しいようです。

今回は、中華圏消費者向けの中国・台湾・、香港の現地の代表的な海外ウェディング事業者のホームページを見ていきます。

これまで本ブログでは、リスティング出稿の掲載順位やキーワード傾向などを分析することが多かったのですが、ホームページそのものを扱うのは今回が初めてだと思います。

■ 利用ツール ■

今回はPingdomという無料ツールを利用します。
http://tools.pingdom.com/

このツールでは様々なデータや集計を入手できるのですが、今回のブログでは以下の指標をピックアップします。全てPC版のデータです。

【リクエスト数】
Webページの構成要素の数を表します。大まかな傾向として、requestが多いほど複雑で、少ないほどシンプルなページです。

【ページ容量】
Webページを表示するために必要なデータ転送量です。多いほど表示に時間がかかります。

【最大画像容量】
写真やイラスト(jpegとgif)の中で最も容量が大きなファイルのサイズです。

【100KB以上の画像枚数】
写真やイラスト(jpegとgif)の中で、容量が100KBを超えるファイルの数です。


========================

■ 中国 ■
海外ウェディング事業が成り立つ環境になったのが比較的最近なので、最もメジャーな事業者でも設立10年以内。おそらく半数以上は3年以内。ですので、ホームページの作りが新しく、インターネットを積極的に活用する姿勢が見て取れます。

ido99

 -------------------------------

サンプル1 『 ido99 』 北京誓言久久文化发展
2007年サービス開始なの中国ではかなりの老舗で有名な事業者さん。

【トップページ】
URL: http://www.ido99.cn/
リクエスト数: 193 request
ページ容量: 3.4MB
最大画像容量: 197KB
100KB以上の画像枚数: 6

【商品詳細ページ】
URL: http://www.ido99.cn/bluemoon-chapel.html
リクエスト数: 116 request
ページ容量: 2.6MB
最大画像容量: 197KB
100KB以上の画像枚数: 4

-------------------------------

サンプル2 『 広世奇縁 』 旷世奇缘文化艺术
シンセンで2011年開業しバリ島現地に子会社を持つ。香港進出するなど急速に成長。

【トップページ】
URL: http://www.szksqy.com/
リクエスト数: 214 request
ページ容量: 8.0MB
最大画像容量: 459KB
100KB以上の画像枚数: 18

【商品詳細ページ】
URL: http://www.szksqy.com/Overseasshow/Overseasshow_show20.html
リクエスト数: 289 request
ページ容量: 6.9MB
最大画像容量: 232KB
100KB以上の画像枚数: 20

-------------------------------

中国の傾向
・ オンラインチャットか電話への強力な誘導。問い合わせフォームは利用されにくい。
・ ページスクロールについてくるバナー(フローティングバナー)が多用される傾向。
・ 台湾や香港よりも凝った複雑な構造。比較的リクエスト数が多く、ページ容量が大きめ。高速回線(ブロードバンド)ユーザを前提とするデザインで、新しいイマっぽい印象。


========================

■ 台湾 ■

中国と比べると海外ウェディングの歴史が長く、その分ホームページも古いことが多い。とはいえ、大手事業者さんの場合はページ数や情報量は大きくて、かなりの投資をしていると推測されます。

愛戀海外婚禮





















-------------------------------

サンプル3 『 愛戀海外婚禮 』 
2002年サービス開始で、昨年から中国上海に本格展開。日本の大手事業者の施設も扱う。

【トップページ】
URL: http://www.overseaswedding.com.tw/
リクエスト数: 46 request
ページ容量: 1.4MB
最大画像容量: 662KB
100KB以上の画像枚数: 1

【商品詳細ページ】
URL: http://www.overseaswedding.com.tw/guam/angel.html
リクエスト数: 42 request
ページ容量: 1.2MB
最大画像容量: 189KB
100KB以上の画像枚数: 3

-------------------------------

サンプル4 『 金紗夢C'EST BON  』
今回のサンプル各社の中で、唯一、海外ウェディング専業ではない。元はウェディング衣装の老舗で60年の歴史を誇るが、近年は海外ウェディング撮影事業にも注力。

【トップページ】
URL: http://cestbonweddings.com/
リクエスト数: 75 request
ページ容量: 3.3MB
最大画像容量: 194KB
100KB以上の画像枚数: 7

【商品詳細ページ】
URL: http://cestbonweddings.com/chapel_Guam_stlaguna.html
リクエスト数: 80 request
ページ容量: 3.3MB
最大画像容量: 150KB
100KB以上の画像枚数: 3

-------------------------------

台湾の傾向
・写真が大きくて数も多く派手な印象を受けるが構造はシンプル。
・問い合わせや来店予約といったアクション(コンバージョン)の導線は目立たず控えめ。
・中国より古く、香港より新しく、そして上品な印象を受けるケースが多い。


========================

■ 香港 ■

一都市に密集という特徴から、お客様はみんな交通便利な場所に住んでいて来店が容易。そのためEC(オンライン決済)利用率が他国より低いですが、一方で来店促進プロモーションはより活発。ただしそれはホームページではなく、Facebookチェックインといった別の方向性で発展しているようです。そのためか香港現地の事業者さんのホームページにあまり投資していない傾向が感じられます。

Wedding Abroad
























-------------------------------

サンプル5 『 Global Wedding  』 

2002年サービス開始で、日本商品の扱いが多い。

【トップページ】
URL: http://www.globalwedding.com.hk/
リクエスト数: 84 request
ページ容量: 5.5MB
最大画像容量: 910KB
100KB以上の画像枚数: 11

【商品詳細ページ】
URL: http://www.globalwedding.com.hk/white_arrow.html
リクエスト数: 46 request
ページ容量: 1.2MB
最大画像容量: 295KB
100KB以上の画像枚数: 3

-------------------------------

サンプル6 『 Wedding Abroad  』
世界各地のエリアを幅広く扱うが、なぜか日本商品は無い。香港で最初の海外ウェディング専業事業者とのこと。

【トップページ】
URL: http://www.weddingabroad.com.hk/photo/index.jsp
リクエスト数: 58 request
ページ容量: 1.1MB
最大画像容量: 53KB
100KB以上の画像枚数: 0

【商品詳細ページ】
URL: http://www.weddingabroad.com.hk/photo/spot_content.jsp?sn=0910250001
リクエスト数: 50 request
ページ容量: 0.28MB
最大画像容量: 69KB
100KB以上の画像枚数: 3

-------------------------------

香港の傾向
・中国や台湾の熱心な投資と比べると、香港現地ではホームページ活用はあまり重視されないらしい。
・台湾よりもさらにアクション(コンバージョン)の導線は目立たず控えめ。集客効果を生むための様々な方法論が適用されている印象が薄い。
・日本インバウンドでも特に香港向けにはFacebook活用との併用が効果的と思われる。


========================

海婚鋭媒を運営するため、弊社では各国それぞれ数十の海外ウェディング事業者さんをリストアップしていて、商品内容などの動向に気を配っています。

なお弊社では中華圏向けのウェディング関連ホームページ制作も承ります。この特定の領域では、日本企業としては最も多くのノウハウがあるかも?、です。

企画段階のコンサルからご提供できますので、ご興味がありましたらお問い合わせください!

2015年4月6日月曜日

中国語繁体字サイト(台湾向け&香港向け) ~ ネットプロモーション事例 ~

今回はウェディングネタではなく、弊社が運営している中国語繁体字サイト(台湾向け&香港向け)の事例をご紹介します。

このサイトでは、台湾と香港から日本への旅行者を主要ターゲットとして、日本国内で利用できるWi-Fi端末をレンタルしています。

楽遊Wi-Fi




この事業は昨年2014年7月にスタートしまして、このブログではスタート直後に一度ご紹介しました。
中華圏向けリスティング運用体験談 ・・・ 香港向けと台湾向けの比較

さて今回お届けしますのは、今年2015年3月=オープン9か月目の実績ご報告です。
まず数値データで見ていただきますと。


■■■ 2015年3月 月間集計

■アクセス分析
セッション 7633
ユーザ 6296
ページビュー 9461
CV数(受注件数) 101件 

■ facebook(広告管理ページ)
4576 CLK
42 CV
COST 86076円
CPA 2049円

■ ヤフー台湾(Bing管理ページ)
1339 CLK
15 CV
COST 39519円
CPA 2634円

■オーガニック
推定セッション 2000くらい
推定CV 44


プロモーションはFacebook中心で、ヤフー台湾を少々。Googleは全く利用していません。いろいろ試して試行錯誤した結果、現在のスタイルがベストということになりました。

上記の通り、CV数(受注件数)101件中で半分近くの44件はオーガニック経由です。
Facebookタイムラインに掲載しているバナー広告に「いいね」やおすすめコメントが自然発生してます。ファン数2000人になり、多少は認知度が上がってきたでしょうか。



台湾と香港向けで、いくつかの媒体を行ったり来たりしていると面白いなあ、というネタによく出会います。いろいろあるんですが、ひとつだけご紹介します。

クリックすると大きくなります

Facebookファン数がちょうど2000人になりました。
左下の「国」を見ると960人の台湾人は、右下の「言語」では繁体中国語(台湾)962人にちょうど合致します。

そうなんです、台湾は中国語繁体字100%です。たまに勘違い?、香港と台湾の混同かもしれないですが、台湾って英語が通じる気がするよ?という感覚の人がおられますが、実態は異なります。社会一般の英語通用度はおそらく日本と同じくらい、、、つまりぜんぜん通じないと思います。

さて、左下の「国」で1001人の香港人ですが、右下の「言語」では以下に分かれているようです。
・繁体中国語(香港)540人 54%
・英語(米国)330人 33%
・英語(イギリス)115人 11.5%
・その他 16人 1.6%

■ 香港人の半分以上(54%)が中国語でfacebookを使っている。
■ 意外と英語より米語が優勢。ちょうど2倍。

この統計対象の母集団は楽遊Wi-Fiのファンなので一般論としては言えませんが、日本旅行に興味がある香港人をターゲットにする場合は上記の比率は参考になるでしょう。ちなみに、香港全体の一般論だと上記よりもさらに中国語が優勢になると推定されます。

香港向けに情報発信やプロモーションを考える場合、絶対ではないにせよ、英語ではなく中国語が最有力候補になるということですね。


さて話は変わりますが、台湾と香港から訪日旅行者が最も多い月はいつでしょうか?
↓↓↓
正解は7月です。

これから数か月、さらにFacebookを介してユーザ同士の情報交換が熱くなるでしょう。盛り上がるのが楽しみです。そして広告費を抑制できて利益を増やせるはず?、、、どうでしょうか、こちらも楽しみです。









2015年3月4日水曜日

台湾と香港で人気の海外リゾート


海婚鋭媒の繁体字版=台湾&香港向けをリリースしましたので、その市場分析が最近のホットなテーマになっています。

前回と同様にGoogleトレンドを使ってネットユーザの検索シェアの推移を見てみます。
下記をいずれも2010年1月~2015年1月の5年間の推移です。


■ 東アジアのリゾート地 ■

青:沖縄 赤:グアム 黄:ハワイ 緑:サイパン 紫:済州島

【台湾の場合】

クリックすると大きくなります

・ 2013年から沖縄が大きく伸びてダントツトップ。
・ グアムとハワイが拮抗しているが、サイパンはずっと少ない。中間に済州島。
・ 中国大陸で人気のバリ、モルディブ、プーケット等は非常に少ないので対象外。


【香港の場合】

クリックすると大きくなります

・ 沖縄が元からトップだったが、2013年からさらに差を広げた。
・ 済州島の人気が高く2位。ハワイやグアムより上。
・ 中国大陸で人気のバリ、モルディブ、プーケット等は非常に少ないので対象外。

-----------------------------------

台湾と香港の人々が最も大きな関心を寄せるビーチリゾートは沖縄だ、と言い切ってしまってよいと思えてきました。上記以外の南太平洋や欧米の地名(リゾート地)も調べましたが、沖縄よりシェアが高いところは見つかりません。



■ 日本の観光地 ■

東京は圧倒的に検索シェアが高いので除外して、他の5エリアを比較しています。東京に限らず大阪などの大都市は、観光と無関係に政治や経済に関連して検索されるケースも多いため、観光地としての人気との相関は低くなります。

【台湾の場合】

クリックすると大きくなります

・ 「観光しかない」(はず?)の軽井沢の健闘が目を引く。他は全て都道府県名で、観光関連以外での検索も多いと思われる。
・ 5エリアともに似たような伸びを示している。


【香港の場合】

クリックすると大きくなります

・ 台湾とは異なり、軽井沢の健闘は見られない。
・ 大阪が2013年から大きく伸びて、他を突き放している。
・ 台湾と比較して、相対的に大阪と沖縄のシェアが高く、他3エリアが低い。

-----------------------------------

なお上記の全ては観光全般の参考になると思いますが、「ウェディング」という観点ではありません。

台湾や香港における海外ウェディング動向は、Googleトレンドでは検索ボリュームの関係で傾向をつかむことができません。弊社の海婚鋭媒のように、自前でメディアを運営する中でノウハウを得るのが唯一の方法と思われます。

数か月以内に、弊社オリジナルで面白いノウハウをご報告できるよう頑張ります!

2015年2月6日金曜日

超ビッグキーワード「婚紗照」「婚紗攝影」の関係 国別比較


海外フォトウェディング(撮影)は中華圏カップルの間でも大人気です。海外ウェディング(挙式セレモニー)と比べて手軽なことがポイントでしょう。ハネムーンのついでに2人だけで安価な基本サービス(衣装+メイク+撮影+アルバム)を利用します。

さてこの大人気のフォトウェディング(撮影)ですが、中国語で2つの言い方があります。

「婚紗攝影」 会社名やサービス名でよく見かける
「婚紗照」 より話し言葉に近いらしい

これらはネット検索で言うところの超ビッグワード・・・SEO対策やリスティング広告出稿に際して、非常に重要なキーワードです。

ネット検索においてどちらがより多く使われているのか気になるところです。両者の比較を調べてみました。

すると、、、台湾と香港は逆ということが分かりました。



■ 台湾 ■ 婚紗照>婚紗攝影



■ 香港 ■ 婚紗攝影>婚紗照



!!!

台湾と香港で、なぜ逆なのでしょーか?

きっと何か理由があるはずですが、今のところ不明です。

そして、中国ではさらに面白い現象が。


■ 中国 ■ 婚紗攝影 上位 ⇒ 婚紗照 上位




2012年の中ごろに逆転していて、婚紗攝影 上位 ⇒ 婚紗照 上位 という移行が発生しています。

こちらも原因は不明の謎です。きっと何か原因があるのでしょうね。


---------------------------------------

多国市場向けプロモーション運用の中でよく経験するわけですが、国別に最適解が異なるので、それぞれに適した運用を見出していくということです。

同じ言語でも市場(国)が異なればとか、同じ国でも言語が異なればとか、いろんなケースで比較すると面白い発見があります。

発見をどう活かすかが肝になってまいりますが。(笑)

弊社で得たノウハウのうち面白ネタは、今後もこのブログでどんどんお伝えして参ります!


2015年1月8日木曜日

海婚鋭媒 繁体字バージョンをスタートします!


海婚鋭媒の繁体字版はまだ開発中でして1月末の公開を予定していますので、今回は予告編。

台湾と香港の海外ウェディング市場について、いくつかトピックを共有します。


■ディスティネーションの傾向は中国とは大きく異なる。しかし台湾と香港は似ている。

最も人気が高いのは「グアムと沖縄」
次に人気なのは「バリとハワイと日本各地」


■名古屋

少し意外なことに、香港でも台湾でも上位事業者が「名古屋」を扱っています。

以下は一例ですが、有力リゾート地の並びでなぜか「名古屋」が。。。
http://www.sunflower.com.hk/wedding/photography_main.asp


左上から「沖縄」「名古屋」「グアム」「バリ」「マレーシア」「韓国済州島」

日本のエリア単位で目立ち度の印象は、

沖縄 >>> 軽井沢 > 名古屋 > 北海道 > 東京・京都

という感じです。



■「婚礼セレモニー」と「フォトウェディング」

微妙なニュアンスの相違ですが、

台湾は「婚礼セレモニー」が主流で、「フォトウェディング」は付け足しの印象です。

香港は「婚礼セレモニー」と「フォトウェディング」がどちらも同格に扱われている印象です。



■台湾事業者の扱い商品例

【愛戀海外婚禮】(台湾)
グアム9、沖縄11、バリ3、日本4(東京1、名古屋2、北海道1)

【金紗夢】(台湾)
グアム6、沖縄3、北海道7、山梨1、軽井沢2、埼玉1、名古屋3、バリ10、ハワイ4、サイパン4、タイ2、



■香港事業者の扱い商品例

【新華旅遊】(香港)

・・・ 撮影商品: 京都和服、名古屋

・・・ 婚礼商品: 沖縄、名古屋、グアム、バリ、マレーシア、済州島、プーケット、サムイ、モルディブ、フィジー

【Your Overseas Wedding】(香港)

・・・ 撮影商品: 日本20エリア、グアム3会場、韓国3エリア、バリ、タイ3エリア、NZ、オーストラリア5エリア、プラハ、ギリシャ、パリ

・・・ 婚礼商品: グアム14会場、日本31会場、バリ17会場、オーストラリア6会場、タイ5会場、ハワイ3会場、プラハ、ギリシャ、韓国



■ 別の観点の話ですが、訪日人数は台湾のほうがずっと多い
2014年1月~9月の訪日人数は下記のとおりです。(JNTOの統計による)

1位 台湾 2,120,917
2位 韓国 1,995,804
3位 中国 1,788,509
4位 香港    657,141

※蛇足ながら、上記の数値は香港も台湾も総人口の10%弱に相当します。(延べ数でかつ10月間データという前提に留意)



---------------

次回の投稿では海婚鋭媒の繁体字版の運用状況を報告できると思います。ユーザ(消費者)の反応やプロモーション運用などなど。。。 どうぞお楽しみに~!!