2014年9月4日木曜日

海婚鋭媒を訪問する中国消費者がどんな検索キーワードを利用しているか

弊社が運営する中国最大の海外ウェディング情報ポータル『海婚鋭媒』では、日々、海外ウェディング検討を検討する中国人の方々が主に検索エンジンを経由して来訪されています。

どんな検索キーワードを利用して『海婚鋭媒』を見つけてくださり、そして来訪なさるのか分析してみましょう。

-----------------------------

1.単語ではなく文章による検索が10%を占める

アクセス数上位1000キーワードのうち、約10%が質問文章を入力した検索で、残り90%が単語とその組み合わせです。

例:
「海外婚礼哪家公司好」 ・・・海外ウェディングの良い会社はどこ?
「10月份婚纱照外景在哪拍好」 ・・・10月のウェディングロケ撮影に良い場所はどこ?
「马尔代夫属于哪个国家」 ・・・どの国にモルディブはあるの?
「罗曼国际婚纱摄影怎么样」 ・・・罗曼国际婚纱摄影(海外ウェディング撮影会社)は評判どう?
「北京婚沙摄影哪个好」 ・・・北京のウェディング撮影はどれは良い?

日本でも同様の傾向がありますが、中国でもクチコミやランキングが人気です。特に信頼できるクチコミは、オフィシャル情報への不信感と裏表をなして、大きな価値と影響力を持つように思われます。海婚鋭媒でもいわゆるCGM=消費者投稿型サービスを導入を急ぐつもりです。

-----------------------------

2.中国国内ウェイディングと海外ウェディングでは傾向が異なる?

新規ユーザアクセス数上位1000キーワード:
「婚礼」を含む 296ワード
「婚庆」を含む 78ワード
「婚纱摄影」を含む 233ワード
「婚纱照 」を含む 122ワード

リピートユーザアクセス数上位1000キーワード:
「婚礼」を含む 441ワード
「婚庆」を含む 78ワード
「婚纱摄影」を含む 109ワード
「婚纱照 」を含む 98ワード

『海婚鋭媒』は海外ウェディング専門ですので、中国国内ウェディングの情報はまったくありません。それを極力お伝えしていますが、それでも初めて来訪される新規ユーザの多くは国内ウェディング検討者と思われます。中国市場での海外シェアは1%に遠く及ばないのが背景です。そしてリピーターは、ほぼ全員が海外婚礼検討者と思われます。

ですので、以下の推測が成り立ちそうです。

「婚礼」と「婚庆」はほぼ同じ意味の単語ですが、
「婚礼」のほうが検索キーワードとしてよく利用される。
・特に海外ウェディング検討者(リピートユーザ)の半数近くが「婚礼」を含むワードを利用しており、「婚庆」との差は圧倒的となる。「

「婚纱摄影」と「婚纱照 」はほぼ同じ意味の単語(ウェディング撮影)ですが、
・国内ウェディング検討者(新規ユーザ)においては「婚纱摄影」の方が良く利用される。
・海外ウェディング検討者(リピートユーザ)においては、両者はほぼ同じくらい利用される。

-----------------------------

上記はほんの一例ですが、弊社ではこういったノウハウを積み重ねて、中国市場向けのWebサービス制作・SEO・SEMなどの品質を地道に向上させております。ご参考になりましたら幸いです。