2014年6月6日金曜日

「海外ウェディング」について問合せした中国消費者の追跡調査


弊社が運営する中国最大の海外ウェディング情報ポータル『海婚鋭媒』では、日々、海外ウェディング検討を検討する中国人の方々が主にオンラインチャットを通じてお問合せを寄せてくださいます。

【集計期間 2013年10月~2014年4月】
1.お問合せ発生件数 832件
2.事業者へ紹介したユニーク人数 495名
3.事業者へ紹介したのべ件数 1288件

1⇒2で数字の差が発生する主な理由は、お問合せを選別してから事業者へ紹介しているためです。選別基準は「希望時期」「希望エリア」の2つが明確であることです。これによって、質が高いお問合せを事業者に提供できているつもりです。

2⇒3の数字の差は、1名の消費者を複数の事業者へご紹介しているためです。1名を平均で2.5社に紹介していることになります。

事業者にご紹介した消費者の皆様の「その後」が気になりまして、この集計期間の495名にアンケートをお送りして、その結果59名から回答を得ることができました。


クリックすると拡大します

拡大しても読みにくいですね。すみません、雰囲気だけでも伝われば。

-----------
回答総数: 59名
初回お問合せ時期:2013年10月7日~2014年4月30日
アンケート回収期間:2014年5月25日~6月5日
-----------
海外ウェディング 契約済  25名(42.4%)
海外ウェディング 継続検討中  30名(50.9%)
海外ウェディング 中止決定  4名(6.7%)
-----------


■ 成約率

ご紹介した消費者のうち42.4%が成約しているのは、海婚鋭媒というメディアのご紹介ユーザ品質としては悪くはないようですが、どうでしょうか。このあたりの相場観は、業界全体でもこれから形成されるところだろうと思います。

ただ、残念ながら海婚鋭媒パートナーの事業者はまだ20社ほどなので、パートナー以外の事業者と契約している確率の方が高く、海婚鋭媒経由での成約は8名(13.5%)に留まります。

パートナーを200社にできれば、成約の全部が海婚鋭媒経由になるのだろうなぁ、と妄想したりします。(笑)


■ 検討期間

月別集計して傾向をみるには回答総数が少なすぎるのですが、ざっくりいうと、「早く決める人は3か月以内に決める」「3か月で決めない人はずっと検討中」という感じを受けます。まだちょっとよく分かりませんが。


■ 中止決定の理由

4件しかないので、コメントを全部のせてみますと、、、

・しばらく海外にいけないから、国内で撮影することにした。
・親が反対したので、海外はやめました
・時間が間に合わないため、海外にいくことをやめました。
・海外をやめました

「それで、それは何故ですか?」とさらに質問したくなるようにコメントが並びますが、とりあえず、価格を理由とした人がいないのは意外でした。


---------

まだ回収できた回答数が少ないので精度のほどは不明ですが、何らか参考になりますでしょうか。

今後もこのアンケートは継続して、消費者の行動とコメントをさらに詳しく分析できるようにしていくつもりです。