2013年10月27日日曜日

中国富裕層はiPhoneが大好き!!というデータ

タイトルはちょっと省略しちゃいました。
正確には、「中国富裕層の『海外志向が強い方々』はiPhoneが大好き!!」です。

■ 結論

最近のニュースでよく目にするのは、「(中国)国産ブランドのスマホシェアが70%」とか「中国ではiPhoneのシェアが下がり続けて、ついに出荷ベースで5%未満」とか、そんな話です。

しかし!、中国人富裕層向けに「訪日観光誘致」や「高級な日本製」をウリにビジネスする場合、現時点でのスマホアプリはAndroidよりもiOS向けを優先して考えるのが良さそうです。


■ どれくらい大好きか?

中国全体では、スマホシェア(利用者数ベース)でiPhoneは20%を下回っているそうです。一方で「中国富裕層の『海外志向が強い方々』」では、iPhoneシェアは60%以上と推測されます。

「どれくらい大好きか?」と問われたら、「普通の3倍以上大好きです」と答えたい。(笑)


■ データ

以下の表は弊社『海婚鋭媒』のWebアクセスデータのモバイル端末別集計です。
※海婚鋭媒は「中国向け海外ウェディングポータルサイト」です。
http://wedding.pointed-media.com/


クリックで拡大します

ご覧いただけるとおり、訪問数の1位と2位がアップル「iPhone」「iPad」で、59.7%を占めています。なお、端末分類はGoogle analyticsが勝手に定義してくれているもので、タブレットを含むので「スマホのシェア」とは言えません。しかしアプリ開発を考えるなら、AndroidよりもiOS向けを優先して考えるのが良さそうです。

さらに訪問数以上に興味深いのは「質」です。滞在時間や閲覧ページ数の指標で、アップルAndroidユーザよりも質が良い(利用意向が強い)ことも見て取れます。「海外ウェディング」を本気で検討して、本当に購入できるユーザは、アップル「iPhone」「iPad」を使う率が高い。

なお表中の訪問数3位の「(not set)」とは、Google analyticsが判別できない端末で、「パチもん」を含めた中国国産のモバイル端末と思われます。またそれらに比べれば、Samsungユーザのほうが利用意向が強いことも分かります。

というわけで、量(訪問数)と質(滞在時間など)の両方を考慮しまして、「中国富裕層の『海外志向が強い方々』」におけるスマホシェアはiPhoneが60%以上と推測いたしました。


■ そういえば

私の身近にいる中国人の方々、つまり日本在住でネット業界で仕事をしている中国人の皆さんは、全員がiPhoneを使っているような気がします。

一方で日本人のネット業界の方々は、半分くらいはiPhoneやiPadを持たず、Androidだけを使っているような気がします。(iOSとAndroidの2台持ちも多いですが)

個人的には、「iPhoneユーザーはお金持ち」という感覚は全くありません。値段は高いにも関わらず。。。でもこれはDocomoを選べなかったという、日本の特殊事情が原因かも知れません。シンプルに端末自体に目を向ければ、高価なうえに高品質との定評があるわけで。近い将来にモバイル端末が完全に消費財の位置づけになるまでは、iPhoneが例えればベンツみたいな、いわゆるところのステータスシンボルであっても不思議ではありません。

弊社『海婚鋭媒』のビジネスにおいては、「中国富裕層の海外志向が強い方々」にターゲティングできるのはありがたい話です。当面はモバイルアプリ開発の予定はありませんが、この件を何か活用したいなぁと思案しているところです。・・・アップルの低価格戦略とブランド戦略のゆくえを眺めつつ。


■ ご参考

スマホ市場、国産ブランドのシェアが70%以上に躍進―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130908-00000004-rcdc-cn

アップルの中国スマホ市場でのシェアは5%
http://news.livedoor.com/article/detail/7979105/

なぜアイフォンは中国で受けなくなったのか?
http://globalization.jp/wp3/blog1929

2013年10月23日水曜日

弊社『海婚鋭媒』は中国最大の海外ウェディングポータルとなりました


お蔭さまをもちまして、中国語で最多の選択肢を消費者のみなさまにお届けできるようになりました。

弊社では今後もメディアとして、中国ユーザが安心して最適の海外ウェディング商品を予約契約できるよう、提供事業者様や商品数の網羅性を高め、商品選びに役立つ情報を充実させてまいる所存です。



中国最大の海外ウェディングポータル『海婚鋭媒』
http://wedding.pointed-media.com/



プレスリリースはこちら
http://www.value-press.com/pressrelease/117029

プレスリリース抜粋
===================================
『海婚鋭媒』は、海外ウェディングを検討する中国消費者をターゲットとする中国語簡体字(中国大陸向け)のWebサイトです。「海婚」は海外結婚、「鋭媒」は専門メディアが想起される造語(中国語)です。
 中国で人気が高い海外10エリア(バリ、モルディブ、サイパン、プーケット、ハワイ、グアム、沖縄、サバ、済州島、欧州)を対象として、チャペルを中心とする挙式会場情報を掲載しています。掲載数は本日時点で77件で、この情報量は中国向けの海外ウェディング情報ポータルとして最大となります。(弊社調べ) 

 中国向け海外ウェディング商品を掲載するパートナーは、現時点では以下の9社です。商品情報の掲載は無料で、成果報酬型の契約を基本とします。また今後1年間でパートナ数を順次拡大し、2014年10月には20社と提携することを目指します。
  【日本】 ワタベウェディング株式会社様、PT. BALI WEDDING(株式会社サザンリゾートワークス様)、ドリームエージェント様 (順不同)
  【海外】 蜜月DIY様、夏乐都様、深圳旷世奇缘様、爱薇时様、闪亮瞬间様、浪漫经典様 (順不同)
===================================

2013年10月22日火曜日

中国最大の検索エンジン「Baidu(百度)」で見る海外ウェディング事業者の動向


最近、Baidu(百度)のリスティング広告との闘いに明け暮れていたおかげで、
この定期レポートが今月は少し遅れました。

闘いといっても楽しい格闘でして、後日あらためてご報告するつもりですが、
Baidu(百度)リスティングついて興味深いノウハウが蓄積されています。

一部のマニアックな方々に限定の内容になると思いますが、どうぞお楽しみに。(笑)

さて中国最大の検索エンジンBaidu(百度)で「海外婚礼」というキーワードを検索した際の
検索結果ページの分析です。


見にくい場合はクリックしてください

弊社『海婚鋭媒』がリスティング広告の1位に表示されています。
以下は普通は公開されない情報ですが、書いちゃいます。

  設定クリック単価5元(約80円)
  実績クリック単価4.36元(約70円)
  PV数 701
  クリック数 13
  クリック率 1.85%

これが昨日(10月21日)の「海外婚礼」の出稿状況です。
もちろん日によって変動は大きいのでご参考までに。

なお、上記は「完全一致」に相当する「精确」設定です。
※ 他に「短语」「广泛」設定があって用途と結果が大きく異なります。


さて先月からの変動に目を向けると、まず出稿クライアントが9社→6社と大きく減りました。

おそらくシーズン的に今がピークの直後なのが原因と思われます。10月1日に国慶節の前後で気候も良い9月下旬から10月上旬は、中国の結婚式のピークでした。前回調査の9月12日は国慶節商戦の最後の余韻が残っている時期だったと思われます。

また今回は2位に韓国ソウルのホテルが登場したのが目新しい。単体のホテルがこういうプロモーションをやって、費用対効果が見合うとは思えませんが。

次にオーガニックです。
見にくい場合はクリックしてください


先月に6位と7位に初登場した2社が消えて、また2カ月前に1位だった蜜月时光も消えてしまいました。こうして見ると、かなり激しい変動です。

変わってYOKA时尚网と大眼の2社が初登場しています。
YOKA时尚网は今回はじめて見るサイトで、これまでにリスティング広告でも見かけた記憶がありません。中国国内婚礼がメインですが、少し調べたところSEOが強い、ブランド力があるメディアのようですもう1社の大眼は7月ころには盛んにリスティング出稿していました。

引き続き、オーガニックとリスティング出稿の関係は注目していくつもりです。