2013年7月19日金曜日

GoogleトレンドとBaidu指数で分かる
 ~ 中国の海外ウェディングと海外ビーチリゾート地

■ インターネットの検索数でわかる社会動向

あるモノが世間でどれだけの関心を得ているのか、その増減がどんな傾向にあるのか、

簡易的にインターネットで調べる方法があります。

あるモノについてGoogle検索で世の中のユーザが検索した回数をもとに指標化して、

さらにそれを時系列でグラフ化して増減傾向を見せてくれる便利なツールです。

Google自体が無料提供している「Googleトレンド」がそれです。

例えば「海外ウェディング」というキーワードの注目度は、次のような傾向にあります。




傾向としては「横ばい」という表現しか思いつきません。(もっと長期のデータを見てみたいが)

世界中のGoogleユーザを対象とする集計結果ですが、「海外ウェディング」という

漢字とカタカナのキーワードなので、99%以上は日本人による検索です。

日本における「海外ウェディング」は停滞あるいは安定しています。



■ 中国市場では「Baidu指数」が使えます

さて中国にも「Googleトレンド」と似たような「Baidu指数」というサービスがあります。

ネット検索サービスとしてGoogleは世界最大最強ですが、

中国政府とケンカしたりいろいろあったらしく、

中国国内ではBaidu(百度)が圧倒的に最大最強のネット検索サービスとなっています。

そのBaiduが提供する「Baidu指数」で、「海外ウェディング」に相当する中国語の「海外婚礼」

の検索回数をもとにした注目度の傾向を見てみます。




綺麗に直線的に増加しています。

中国では、経済力上昇+海外渡航規制緩和+若者世代の結婚文化の多様化の3つが重なり、

海外で結婚式をする消費者が飛躍的に増加しています。

ただし、伸び率は大きいものの、全体に占める比率はまだまだごく僅かです。



■ 中国における海外ビーチリゾート地の相対比較

この「Baidu指数」を使って、類似する検索キーワードの相対的な「注目度」を比較できます。

なおキーワードごとの検索回数を元にしているものの、

注目度の指標は検索回数の絶対値ではないので、

インターネットユーザが増えても注目度の指標が伸びるものではありません。

検索回数において、他の検索キーワードとの相対的な位置関係が反映されます。

以下の表を参照してください。



① 参考として記載した「海外婚礼」は、他のキーワードと比べればずっと小さい。

② 増減率で見て、海外リゾートと関係ない「婚礼」「海南」はわずかに減少傾向。

  それと比べて、海外リゾートに関連するキーワードは伸びが大きい。

③ 人口が多い大都市に混ざって、人口が少なめの「深圳」(シンセン)が健闘している。

④ 日本代表の沖縄は残念ながらあまり検索されていない。済州島との差も大きい。

中国で最もメジャーな海外ビーチリゾートは「モルディブ」や「バリ」のようです。

日本なら「ハワイ」「グアム」が最初に挙がりそうなところですが、やはり傾向が違いますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿