2013年6月4日火曜日

【広州視察】 広東省広州市の婚礼業界ストリート


広東省広州市の中心から少し外れた一角で、長さ300mほどの直線道路の両側に、
婚礼関連の店舗が立ち並ぶ。

東京の合羽橋は飲食関連ですが、その婚礼版という感じでしょうか。

ストリートの入り口は何の変哲もなく、普通の交差点です。



ストリートに進入すると、こんな感じ。






↑ 路地を入ればこういう世界

video




さて、中国の婚礼の伝統的な色は 『赤』 だそうです。

挙式披露宴の衣装や装飾や、さらには婚礼用ベッドシーツ(!?)まで、

綺麗な『赤』の商品がたくさん販売されています。



↑ これは激安。380元って6000円くらいです。高いものは数十万円。


↑ 婚礼用の赤い布団、、の専門店!

一方で、日本と同様に広州でも西洋風の『白い』ウェディングドレスは主流になっています。

「伝統の赤」と「新進の白」の勢力比は、店舗数では半々くらいの引き分けですが、

受ける印象では3:7で「新進の白」が勝利します。

というのも、西洋風の『白い』ドレスを扱う店は、新しくて綺麗で大きいのです。





↑ おや、白人さんだ。めずらしい。

さらに、赤い衣装と比べると、白いドレスのショーウィンドウは綺麗で魅力的です。


↑ 約30万円の高級品。 



video


video



どんな商品でも、激安品から高級品までとにかく価格レンジが幅広いのが印象的で、

それらが隣同士の店舗での違和感なく売られているのが中国っぽく面白いトコです。



長くなってしまったので、婚礼衣装以外の商品については別の記事で触れることにします。